仕事は忙しい方が長続きする

今まで専業主婦として家庭を支えてきた人の中には、子どもが学校に行き出すようになると空いた時間が出てきて、今後はまた働こうと思っている人も少なくないだろう。結婚前に会社で働いていた経験を持っている人であれば働く意欲が湧いてくる。特に、結婚してまだ年月も経っていなければ、主人の給与だけでは毎月の生活費は赤字で、ボーナスで穴埋めをしているのが普通なのだ。自分が働いて少しでも赤字の穴埋めができれば、ボーナスは子どもの教育費として貯金ができるようになる。そう考えると、主婦ができるようなパート・アルバイトを求人サイトやチラシで探すようになる。しかし、会社で働いていた当時のような仕事はパートの仕事で見つけることは難しく、どうしても初めての経験となりそうものばかりである。そのために、単調なもの、自分でもできそうなものと考えると動きの少ないものを選びがちである。パートやアルバイトの仕事は、時間が長くても4時間で区切られているため、熟練が必要なものではなく、繰り返し行う単調なものが多いものだ。ところが、仕事というのは単調であっても退屈な仕事となると長続きしなくなる。いくら4時間勤めていればお金になるとはいえ、暇を持て余すような仕事は人間嫌になるのだ。そのためには、繰り返し行う仕事で単調であっても、定期的に内容が変わるものや、常に手が動くものを選ぶのが良いだろう。そのためには、求人を行っている会社が繁盛しているかどうかが条件になる。儲かっている会社であれば、活気もあるし給料の変動もなく長く勤めることができる。これから働く事を考えている人は、給料面で安定しているバイトを探すと良いだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

家事以外にやりたいことはある!